K.com

K's diary, thought, and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕が人を殺している

フリージャーナリスト、常岡さんの安否が気遣われる。
アフガニスタンの現状を伝えようとする人が拘束されるというのは人事ではない。

思えば、9.11のあの日から、この不快感は続いている。

「僕が人を殺している」という不快感だ。

この定義を誰かに押し付けるつもりは全く無いが、
僕は、「為すべき何かをしないことによって」、誰かを殺している、
そんな不快感に包まれるときがある。

9.11の時は高校3年生だった。
(中卒後すぐには進学しなかったため、1年遅れの高3だが)

大学に行くつもりはなかった。

アフガニスタンに行くつもりだった。

よくわからない、この自分の命というものが
そこの誰かの代わりになるのなら悪くないな、と思っていた。

行って、状況を改善したいわけじゃなかった。

ただ、何が起こっているのか知りたかったし、
報道が言ってることは偏りすぎていた。

報復という名目で人が(しかも一般人が)殺されている。

すぐさま支持を表明する日本。
狂ってると思った。

その後に続いたイラク戦争。
世の中の正義はくそだと知った。


よく考えてみれば、戦争で人が死ぬのは当然のことだし、
人類は数千年もかけて殺戮を繰り返してきた。

中には侵略戦争も、報復戦争もあっただろう。
(アテネやスパルタの戦を思い返してみればいい)

国のイデオロギーというものに個人が埋没して、
戦に向かっていくことも珍しいことではない。

アメリカでは南北戦争でも、南北合わせて100万人の人が死んでいる。
奴隷解放のイデオロギーに乗った利権の争いだ。

先住民は近代文明人(と名乗る人々)に殺戮されてきた。


数え上げれば、きりがない。

ただ、歴史がそうであったからといって、戦争を肯定するわけにはいかない。
ただ、そこに生まれたというだけで、殺されていく人がいることを忘れてはいけない。



飢餓は史上最大のホロコーストだ。

穀物の値段は先物取引におけるメジャーの意思次第でどうにでもなる。
意図的にだぶつかせる(市場に出さない)ことによって、値段を跳ね上げることも出来る。

先進国の人間にとって、食料が収入に占める割合は多くても30%を越えないだろう。
貧困国の底辺の住民は、収入の90%を食料に費やす人もいる。

穀物が20%値上がりすれば、それは飢餓に直結するのだ。


通貨危機というものもまた、利己的な欲を追求した殺人だ。
アジア通貨危機では、特定の通貨(例えばバーツ)が単なる投機の対象になった。

資本主義というものがルールとして存在する以上、
通貨は生活に直結した要素であることは明白であるにも関わらずだ。


ランセットという医学雑誌に投稿されたレポートでは、
イラク戦争(侵略"Invasion"という語を使う新聞も多い、日本ではイラク"戦争"だが.. )による
公衆衛生の悪化によって、60万人以上の人が亡くなっているということが報告された。

全ての死は、個々の死であり、死者数を数字に置き換えることに大きな意味は無いが、
WTCの崩壊による死者は3千人程度である。

大量破壊兵器という大儀が破れ、
フセインの恐怖政治の打倒という名目に変わり、
世界最高の政治形態である民主主義の繁栄という目的に変わった。
(王政を敷くアラブの国は数多いが、それはあまり気にならないらしい)

(他にも理不尽な殺戮を知りたかったらコンゴなどに目を向けてみればいい)


どんなに言葉を変えようとも、兵器を変えようとも、
そこで行われているのは殺人だ。

そこから目を反らしてはいけない。

それを殺人と認めたうえで、なお、成就したいものがあるというのなら、
そういうものをきちんと表明しなければいけない。

そこを見て見ぬふりして、都合のいい部分だけをTVに映して喜んでいてはいけない。

国家の問題じゃない。
個人の問題だ。


これは押し付けではないし、
こういった問題の他にも、直視すべき様々な問題があることもわかる。

大切なのは、全てをなんとかしようと思うことではなくて、
(その想いは持ち続けたほうがいいと思うけれど)
自分がどう感じ、どう思い、どうしたいかだ。

オレは"たまたま"、紛争に関することが不快でたまらない。

"ふとした瞬間"に目の前の現実が溶けていきそうになる。
自分はここで何をしているんだろうって。

気持ちのいい朝のコーヒーの香りの代わりに、
血の匂いに包まれた人たちがいるということを思うと、吐き気がする。

もちろん、常にそういう状態じゃないし、
そういうことすらも忘れて何も考えていないときもある。

それでも、瞬間的に襲い掛かる不安感は拭えない。


以前はこうして無駄(に思えた)な不快感を感じる自分がひどく惨めに思えた。
今では、こういう感覚を感じれるのは自分の才能だと思うことにしている。

不安感は怒りとなって、原動力になっている。

怒りが原動力だなんて、ネガティブに思われるかもしれない。
でも、そこに怒りを感じれるのは、希望があるから。

人間という存在を、好きだからだと思う。

愛する人の生きている世界だからこそ、どうしようもなく、憎くもなるんだ。

「世界はこんなに素晴らしい!」って叫びたいんだ。


愛するひと全てが幸福に生きていけるように、
自分の出来ることを最大限にやる。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/07(水) 01:30:54|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いま世界では...

アフリカ連合がニジェールの軍事政権から加盟資格を剥奪。
もうアフリカ全土、どこを見渡してもギリギリの政情が続いている。オリンピックどころではない。
(オリンピックの否定ではなく、報道のバランスのアホらしさに幻滅)

その東、チャドやダルフールでも不安定な情勢は続いている。
ダルフール停戦成立の報道が一部にみられるが、内部での紛争が悪化するのはこれからだと思う。
利権の煽る民族、地域対立。南ダルフールの独立運動は単純な問題ではない。
中国の姿勢を日本政府はどう見ているのだろうか?

南へ目を向けると、いつ終わるとも知れぬコンゴの動乱。
北朝鮮からの武器がコンゴなどにも流れている。
その北朝鮮の武器はどこから来たのだろう?
日本も関係のないことではない。
そういえば昔ジンバブエでも北朝鮮の人と出会って話したことがある。
もちろん外国にいる北朝鮮の人はエリートなので、詳しい内情は聞いてもわからなかったが...。


激化するアフガン侵攻はオバマ大統領の言う11年7月の撤退まで、
長期的な戦闘プランが立てられているらしい。
その間に被る一般人の被害の大きさは計り知れない。
日本の主流メディアでは現地の実態どころか侵攻の是非も問われていない。
みんなが"そういうもの"と感じているのだろうか?

米露の「START1」に継ぐ、核軍縮新条約の締結を進めているが...
その裏ではイラン侵攻への足音が聞こえつつある。
大儀は核開発疑惑になるのだろう。


情報過多な世の中で、
きちんと自ら積極的に情報を探していかなければ
ゴミのような情報のつまった混沌に陥りそうになる。

その目を瞑り、耳を塞げば世の中の惨状は無くなるのいうのか?

あー、この圧倒的な無関心が単純に不快だな。
自分に出来ることを考えて、時間を無駄にせずに頑張っていこう。

自分の幸せのために。

  1. 2010/02/25(木) 10:56:09|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10時間で子供を買う方法



「10時間で子供を買う方法」
ABC作成。

地震で一躍有名になったハイチでの人身売買の様子。

グアテマラで出逢った裕福な家庭にも、住み込みで働く女性と、
学校にもいけずに働き続ける子どもたちがいたことを思い出す。

これは何も特別なことではなく、
世界の多くの場所で、人の命は「売り買い」されている。

これをスクリーンで切り取られた特殊な現実としてではなく、
連綿と続くこの世界の一部だと捉えて、目を反らさないようにしたい。

  1. 2010/02/24(水) 00:48:41|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無関心の影に

アフリカや中南米のニュースが、国内にいると全然届いてこないので
勝手にまとめる。中東もついでに。
(オリンピック報道はハイチ報道もあっさり消すんだね)
主な情報ソースはBBC、Al jazeera、南アの新聞やEl mundoなど。
Al jazeeraは数あるニュースソースの中でも扱っている内容が現実に即しているというか、
他のメディアで得られない報道をしてくれるので参考になる。
(ニュースを盲目的に信じてはいけないが...)

アンゴラに憲法改憲の動き、次期選挙(という名の内部合意)以降、任期5年間で二期まで可能に。
これで与党、開放人民運動の独裁化にむけて大きく舵をきったことに。
さて、あの辺りの政情不安定が落ち着くのはまだまだ先の話になりそうだなあ...。
ザンビアの政治の腐敗もひどいが...。

ニジェールのクーデターの報道はされてるのだろうか。
まあもともとの政権がこれまた独裁志向ではあったが...。
ニジェールはウラン埋蔵量が豊富なため、フランスや中国による政治的支援、
介入が多い国だったはず。果たしてこのクーデターの真相は如何に。

ギニアにも暫定政府の動きが。
08年のクーデター以後、軍事政権が全権を掌握していたが、
ついに暫定政府発足の動きがあるようだ。

ペルーのマチュピチュ、全面的に立ち入り禁止になったみたいやね..。
安全が確保できないと観光にならないもんなー。
直前に南米旅行をしてマチュピチュも訪れた友人が羨ましい。

IAEA(国際原子力機関って訳す?)がイランの核開発について詳細に言及。
ここまで全面的に言及したのは初めて。その意図とは?
まあ、イランが核武装に踏み切っているのはおそらく事実だろう。
ヒラリー・クリントンが武力の介入も示唆し始めた。
アメリカやイスラエルは軍事大国だが、石油がなければ兵器は動かない。
次世代エネルギーである原子力発電の開発にも活発なUSだが、
それまでの繋ぎとして、石油の絶対量の確保、軍事的優位性は守りたいだろう。
さて、"いつのまにか"イランへの軍事介入が始まりそうな雰囲気。

そうそう、オリンピックの影で、
アフガニスタンでもの凄い軍事介入が行われ、
多くの市民が犠牲になっていることが隠されている。
"平和の祭典"を放送するために、
無関心の標的になっている人たちがいることも心しておかなければいけない。
(USは確実にオリンピックに合わせて軍事作戦を計画しただろう)
(そういえばグルジアの続報、届かないなあ)

  1. 2010/02/21(日) 16:25:55|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命の値段

アフガニスタンでは民間人死傷者の数が増え続けている。
目の前で愛する人が"誤射"で殺されたらどうするだろうか?

クリントン国務長官がU.S Islamic World Forumで、対話による治安の実現を放棄した。
(現実的には隠れ蓑としてイスラエルが主導権を持つ可能性があるが)

なぜイランが核武装に進むのか。
隣国で見せ付けられた出来事は何だったか。
それは"核を持っていようがいまいが、アメリカ(主導の諸国)は侵略してくる"
ということではないか。
(それならば核を持つことでの抑止力にすがりたくもなる)

コンゴ、スーダンでは未だに終わりの見えない虐殺が続けられている。

ほとんどの紛争の理由はイデオロギーなどではなく、資源の奪い合いだ。
石油という資源、鉱物という資源、土地という資源。

21世紀に世界的な大きな問題となる"水資源"をめぐる争いも過熱している。

既にコングロマリット十数社がその利権を手中に収めているらしい。

地球上の人口が折り返し点を過ぎるまでにはまだまだ時間がかかる。
当然、資源の需要は増し、争いは過熱する。

冷徹に人命を単なる経済活動のファクターとしてみるなら、
戦争というものは理想的な手段に成り得る。

・(自国のための)様々な資源を獲得出来る。

・軍需産業が潤う(憎しみの連鎖が半永久的な武器の需要を生む)。

・人口を減らせる。

(他にも政治的に"国民"という傍観者をだまらせる目的も持っている)

悲しいことに、現在の世界では人の命に値段がついているから、
"安い命"からどんどん消していくのが経済的に理に適っている。

日本や西洋諸国の人間100人の命の価値は、
途上国(一般に理解しやすいのでこう呼ぶ)の人間、数千、数万に匹敵する。
(実際にコンゴで300万人死んでいることを考えると格差はそれ以上か)

人は概して見たいものしか見ようとしない。

ハイチの報道があれだけ多く流れ、
壊滅的な状況のアフリカや中東、東欧などの様子が流れないのはなぜか。

ハイチの地震は天災だから、"援助を施す私たち"という面だけフォーカスして見れる。

アフリカの戦争はそうはいかない。
その人たちの死が、自分たちの生活のための犠牲であるという事実があるからだ。


世界を変えるために必要なこと。
それは世の中の仕組みを変えることではなく、ひとりひとりの意識が変わること。

あなたにとって、幸せとは何ですか?

  1. 2010/02/16(火) 11:36:24|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

Profile

K

Author:K
Live for nothing,
or die for something.
根無し草のような佐藤慧のblogです。言葉を探す旅を続けています。

What's new?

Twitter

 

Comment

Category

Blog (41)
時事 (6)
Photo (16)
認知、哲学 (5)
人生論 (17)
語学 (4)
資源・エネルギー (4)
音楽 (4)
アート (2)

Link

[BLOG]
K's inner voice
ザンビアに学校を建ててみた
Nori.com
Yuki Kashiwagi
[NEWS]
BBC
CNN
Al Jazeera
El mundo
PBS
ABC
IRIN
TIME
Washinton post
Wall Street Journal
National Geographic

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。