K.com

K's diary, thought, and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

命の値段

アフガニスタンでは民間人死傷者の数が増え続けている。
目の前で愛する人が"誤射"で殺されたらどうするだろうか?

クリントン国務長官がU.S Islamic World Forumで、対話による治安の実現を放棄した。
(現実的には隠れ蓑としてイスラエルが主導権を持つ可能性があるが)

なぜイランが核武装に進むのか。
隣国で見せ付けられた出来事は何だったか。
それは"核を持っていようがいまいが、アメリカ(主導の諸国)は侵略してくる"
ということではないか。
(それならば核を持つことでの抑止力にすがりたくもなる)

コンゴ、スーダンでは未だに終わりの見えない虐殺が続けられている。

ほとんどの紛争の理由はイデオロギーなどではなく、資源の奪い合いだ。
石油という資源、鉱物という資源、土地という資源。

21世紀に世界的な大きな問題となる"水資源"をめぐる争いも過熱している。

既にコングロマリット十数社がその利権を手中に収めているらしい。

地球上の人口が折り返し点を過ぎるまでにはまだまだ時間がかかる。
当然、資源の需要は増し、争いは過熱する。

冷徹に人命を単なる経済活動のファクターとしてみるなら、
戦争というものは理想的な手段に成り得る。

・(自国のための)様々な資源を獲得出来る。

・軍需産業が潤う(憎しみの連鎖が半永久的な武器の需要を生む)。

・人口を減らせる。

(他にも政治的に"国民"という傍観者をだまらせる目的も持っている)

悲しいことに、現在の世界では人の命に値段がついているから、
"安い命"からどんどん消していくのが経済的に理に適っている。

日本や西洋諸国の人間100人の命の価値は、
途上国(一般に理解しやすいのでこう呼ぶ)の人間、数千、数万に匹敵する。
(実際にコンゴで300万人死んでいることを考えると格差はそれ以上か)

人は概して見たいものしか見ようとしない。

ハイチの報道があれだけ多く流れ、
壊滅的な状況のアフリカや中東、東欧などの様子が流れないのはなぜか。

ハイチの地震は天災だから、"援助を施す私たち"という面だけフォーカスして見れる。

アフリカの戦争はそうはいかない。
その人たちの死が、自分たちの生活のための犠牲であるという事実があるからだ。


世界を変えるために必要なこと。
それは世の中の仕組みを変えることではなく、ひとりひとりの意識が変わること。

あなたにとって、幸せとは何ですか?

スポンサーサイト
  1. 2010/02/16(火) 11:36:24|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<原子力発電 | ホーム | 単語に始まり...>>

コメント

マラソン女

Laughter
Sharing
Love→愛されるためには愛すること
ってことは認め合うこと、分け合うっていう心
って、、、現実は甘くないんだろけど、
命に値段。。。
この世に一日しかたとえいれなくても胎児中にすごく愛された子なら
その子は幸せ
どんなに長く生きても 愛されなかったら、違うと思う
ちゃんと答えれるようになりたい。


  1. 2010/02/16(火) 17:46:19 |
  2. URL |
  3. *mahaloha*(Risa) #-
  4. [ 編集 ]

>Risa

愛の足りてないところが沢山あるもんな~。
みんなでshare出来たらいいのにね。
現実は甘くなくとも、理想は常に抱き続けて、
少しでもそれに近づけるようにしていきたいね。
マラソンのように一歩一歩ね♪
  1. 2010/02/16(火) 18:01:29 |
  2. URL |
  3. K #-
  4. [ 編集 ]

ひとりひとりの意識の変化が何かを変える
ってこと私も信じています。

blogへのコメントありがとうございました^^
返信したんですが、多分Kさんがみてくれた直後くらいに、追加し記事を修正したのでまた見てみてください!

stealth conflicts に関する団体のblog やweb のURL載せました☆
  1. 2010/02/17(水) 13:35:48 |
  2. URL |
  3. Misa #ihMNMLjo
  4. [ 編集 ]

>Misa

少しずつでも、人は前に進んでいけると信じよう☆
またblog見てみるねー。
更新、楽しみにしてます!
  1. 2010/02/17(水) 13:38:41 |
  2. URL |
  3. K #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://che1967.blog48.fc2.com/tb.php/14-a6a70dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

K

Author:K
Live for nothing,
or die for something.
根無し草のような佐藤慧のblogです。言葉を探す旅を続けています。

What's new?

Twitter

 

Comment

Category

Blog (41)
時事 (6)
Photo (16)
認知、哲学 (5)
人生論 (17)
語学 (4)
資源・エネルギー (4)
音楽 (4)
アート (2)

Link

[BLOG]
K's inner voice
ザンビアに学校を建ててみた
Nori.com
Yuki Kashiwagi
[NEWS]
BBC
CNN
Al Jazeera
El mundo
PBS
ABC
IRIN
TIME
Washinton post
Wall Street Journal
National Geographic

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。