K.com

K's diary, thought, and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅人

哲学は好きだが、歴代の哲学者の考えを代弁することは出来ない。
彼には彼の哲学があり、その言葉には、その言葉の発せられた世界があるからだ。

仏陀の残した空や中道の概念をあれこれ解釈することに意味はない。
納得のいく解釈のたどり着くところ、それはあなたの観念なのだから。

何かを「理解した」つもりになってはいけない。

それはあなたの世界の言葉なのだ。
あなたは世界を記述出来ると思うかもしれないが、
それはあなたの言葉によって紡ぎだされたあなたの世界なのだ。

キルケゴールが何を意図して言ったのかは知らないが、
「人にはそれぞれの真理がある」という言葉には心を惹かれた。

真理とは(個人に対しても)絶対的な答えではない。

その命と、魂を前に進めるための拠り所となる力のことだ。
個人的な宗教であり、芸術であり、
自分をこの世界に関連付ける論理なのだ。
(論理というものが語りえない世界を持つということには
ウィトゲンシュタインの言葉を借りよう)

根を張ることで、不動の安心を求める行為。
それはマジョリティの支えられた世界に安穏とする虚構になり得る。

根を蝕むものを、排除したがる。

目を瞑り、崖の前に佇むことになる。


風に乗ろうと思ったら、根は切り離さなければいけない。
風雨に晒されたら、晒されただけ、転がっていけばいい。

人は、与えられたものに意味を見出すことが出来る。
空間と、時間と、意思の成り立つこの瞬間に、意味を見出すことが出来る。



結局人は旅人なんだ。

身軽なほうがいい。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/06(火) 23:27:50|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僕が人を殺している | ホーム | 弟の命日 -死を考える->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://che1967.blog48.fc2.com/tb.php/53-9621d70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

K

Author:K
Live for nothing,
or die for something.
根無し草のような佐藤慧のblogです。言葉を探す旅を続けています。

What's new?

Twitter

 

Comment

Category

Blog (41)
時事 (6)
Photo (16)
認知、哲学 (5)
人生論 (17)
語学 (4)
資源・エネルギー (4)
音楽 (4)
アート (2)

Link

[BLOG]
K's inner voice
ザンビアに学校を建ててみた
Nori.com
Yuki Kashiwagi
[NEWS]
BBC
CNN
Al Jazeera
El mundo
PBS
ABC
IRIN
TIME
Washinton post
Wall Street Journal
National Geographic

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。