K.com

K's diary, thought, and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

資源の共有の可能性

太陽の黒点が減少期に突入したことによって、
ヨーロッパは毎年、いつもより寒い冬、"リトルアイスエイジ"を経験することになる----。
By BBC(Link)

太陽からの紫外線がジェット気流や成層圏の流れに影響を与えるためだという。

これから10数年~、黒点は減少期に入るという。
細かい説明は上記の記事を見てほしいが、地球の気候というものが
いかに複雑な要素で決定されるかがわかる。

僕は地球温暖化とその対策については...

・なんらかの原因で毎年の気温は上がっている。
・だがその原因はCO2だとは断定出来ない。(より多くの要素が絡み合っている)
・都市部の温暖化はまた全く違った現象。
・限られた地球のエネルギー資源をコントロールする思惑が働いている。
・地球規模の巨大産業にするためにCO2というわかり易い指標が用いられた。

...というものだと思っている。
が、その対策に反対なわけではない。

今行われている"クリーンエネルギーへの転換"というものは
「CO2の排出削減」という要素よりも、
「限られた資源に頼らないで人間の生活を営む」という転換の要素のほうが大きいと思う。
早かれ遅かれ、資源というものは枯渇するのだから、エネルギーの転換には賛成する。
(さらに重要なことだが、クリーンエネルギーと呼ばれるものはCO2を出さないだけでなく
排気ガスやエネルギー廃棄物を産まないという点でsustainabilityに貢献する)


現在の多くの政治問題はエネルギー問題に還元出来ると思う。

ここでいう「エネルギー」とは、
「人間が生きていくために消費していく資産」のことを指すとしよう。

水や食料、ガソリンや電気はもちろん、
衣類、自然資源、さらには生活するための土地も含む。

それらは全人類に平等に与えられるものではなく、
「機構」によって管理される。
「国」であったり、「経済機構」、「貿易協定」、様々だ。

だが、機構を管理出来る人間は限られている。
一部の権力のみがアクセス出来、決定権を持っている世界がある。

自由な株式市場では、財力が決定権と直接結びつく。
(ここでいう自由とは参入の自由であって、参画の自由ではない)

レッセフェールのような自由市場主義が、
未曾有の貧富の格差を生み出したのは最近のことだ。
(体面上はレッセフェールは禁止になったようだが、そんなことはない)


もの凄く単純に考えて...

・人類は増え続けている。

・生活のレベルは向上し、個人に必要なエネルギーも増え続けている。
(便宜的に向上という言葉を使う)

・地球上に存在するエネルギー資源は限られている。

...この3点から考えるだけでも、そこに争いの火種を見ることが出来る。


単純な解決策。

・人口を減らす。

・生活の質を落とす。
(人類の20%が地球上の80%のエネルギーを消費している)

・新たなエネルギー資源を獲得する。

...というものを考えることが出来る。


現在とられている政策は、
数%の人々の(とてつもなく贅沢な)生活を保護するため、多くの人を犠牲にする...
というもの。


別に善悪どうこうなんて言うつもりはさらさらないが、

こちら側(大量消費する側)にいるか、あちら側(極貧の生活を強いられる側)にいるかは、
単純に「いつ、どこに生まれたか」という不可避の条件に基づいている場合が多い。

これは克服不可能な幸、不幸なのか。

もし自分がそちら側に生まれていたら...
愛する人がそちら側にいたら...

(そちら側にいる人があなたの最も大切な人にならない保障はない)

人はそういったことを想像し、
共に喜ぶことも、共に悲しむことも出来る存在だと信じている。


・教育の向上による人口抑制。
・モラルに基づく国際法と、その実行力の整備。
・代替技術の開発。

...などが、未来を創っていくことにならないだろうか。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/15(木) 18:16:57|
  2. 資源・エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あなたの持っている自由 | ホーム | クラスターの認識>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://che1967.blog48.fc2.com/tb.php/56-32c0c83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

K

Author:K
Live for nothing,
or die for something.
根無し草のような佐藤慧のblogです。言葉を探す旅を続けています。

What's new?

Twitter

 

Comment

Category

Blog (41)
時事 (6)
Photo (16)
認知、哲学 (5)
人生論 (17)
語学 (4)
資源・エネルギー (4)
音楽 (4)
アート (2)

Link

[BLOG]
K's inner voice
ザンビアに学校を建ててみた
Nori.com
Yuki Kashiwagi
[NEWS]
BBC
CNN
Al Jazeera
El mundo
PBS
ABC
IRIN
TIME
Washinton post
Wall Street Journal
National Geographic

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。