K.com

K's diary, thought, and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカーリング

アンカーリングというものを数年前から利用している。

自分の精神状態をスイッチで切り替えるようにして操作するテクニックだ。

運動選手なんかが競技前に精神集中したり、お気に入りの曲を聴いたりして
精神状態を100%にもっていくのと、原理は一緒だ。

本来自律神経で動いているものを、ある程度操作する。

火事場の馬鹿力を、自由に使うといえばわかりやすいか。


音楽や何かでもいいのだが、オレは何処でも自由に引き出せるように、
鍵(トリガーという)は左手の指にしてある。

各々の指に設定された精神状態を、右手で掴むことによって発動させる。

図にすると下のようになる。

anchor

それぞれの指に、その性質と、イメージし易い色をつけてある。

【親指】...(Relax)体の完全な脱力。精神の落ち着き。静かな心。
【中指】...(Concentration)集中力。やる気。生命力が満ち溢れた感じ。
【薬指】...(Love)愛。生かされていることへの感謝。命の希少性。
【小指】...(Intuition)直感。言葉以前の思考。あらゆるフィルターの除去。

...といった具合だ。

親指と、中指は、数年前からだいぶ実用的になってきている。
イメージとしては、親指がセロトニン、中指がエンドルフィン、ドーパミンを
脳内に放出するイメージ。

薬指、小指はまだまだ甘い。
抽象的過ぎるのか。

親指とのコンビネーションだと、比較的効果を感じられる。

うそ臭いが、直感の冴えている時というのは「確かにある」。
(絵を描いたり、ギターを弾いてる時に側に感じる)

それをもっと、引き寄せたい。


人差し指が空いているのは、将来もうひとつ指にトリガーが欲しくなった時のため。
(一度この指には抽象的すぎるアンカーリングをして失敗している)


久々に落ち着いた時間があるため、まずはアンカーリングを再構築しようと思う。

他にも、身体を使った記憶法もトレーニングしなおしたい。

メタ認知は全ての鍵。
いずれメタ認知についても、詳しくまとめてみるつもりだ。

スポンサーサイト
  1. 2010/02/11(木) 20:58:10|
  2. 認知、哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風邪ニモ負ケズ | ホーム | 助走をつけて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://che1967.blog48.fc2.com/tb.php/9-661257d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

K

Author:K
Live for nothing,
or die for something.
根無し草のような佐藤慧のblogです。言葉を探す旅を続けています。

What's new?

Twitter

 

Comment

Category

Blog (41)
時事 (6)
Photo (16)
認知、哲学 (5)
人生論 (17)
語学 (4)
資源・エネルギー (4)
音楽 (4)
アート (2)

Link

[BLOG]
K's inner voice
ザンビアに学校を建ててみた
Nori.com
Yuki Kashiwagi
[NEWS]
BBC
CNN
Al Jazeera
El mundo
PBS
ABC
IRIN
TIME
Washinton post
Wall Street Journal
National Geographic

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。